比翼紋の手ぬぐい

February 20, 2017

 

江戸時代 相愛の男女がそれぞれの家紋を組み合わせて比翼紋をつくり着物などに入れたそうです。

それにならい比翼紋を入れた手ぬぐいをつくりました。

右側には日本の伝統の飾り結びで縁起の良い菊結びや叶結びなどをあしらいました。

手ぬぐいのみのものと身延の甘養亭さんの「寿」の焼印入りの大きいおまんじゅうを二つ包んだものを作りました。結婚の引き出物のひとつに、お祝いのお返しに日本の粋と慎ましさを感じるこんなお品はいかがでしょうか。

 

 

 

 

Please reload

The latest news